【疑問】CX-8の360°ビューモニターの仕組みってどうなってるの?

今回は360°ビューについて調べてみました!

CX-8に乗っていると、なかなかワイドなボディーで

SUV特有の死角があることに気付きます。

特に、前方の左右タイヤ付近など運転席からは見えない死角が発生します。

 

そこで、便利な機能が360°ビューモニターです!

このモニターがあれば、360°全て手に取るように見えて死角も無くなります!!

まるで、空から自分の車を見ているかのような、神様の視点ですよね(笑)

このモニターがあれば、便利で全て解決!!!

 

と思いきや…

 

どうやってこの映像って撮っているんだ??

という疑問が生まれました。。。

 

衛星からの画像??(←本気で思っていた(笑))

ドローン的なものでずっと追跡??

車の天井からカメラがニョキっと生えて撮影??などなど、本当に不思議なんですよね…

 

前後はなんとなくわかるんですよ…

しっかりと、カメラが付いていますし…

左右が不思議なんだよな~と洗車をしていると…

 

みーけっ!(笑)

なんと、ドアミラーの下側にカメラが付いていたんですね!!

 

この仕組みを考えた人は天才ですね!!

このカメラのおかげで、今日も安全な車庫入れができるんですね!!

 

車業界の飽くなき努力で

今日の素敵な車が続々と出てきているんですね!本当に感謝です!!

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ではまた(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA