【目から鱗】美容師という職業はアスリートに近いお仕事!?

先日、行きつけの美容院で髪の毛を切ってもらいました。

男性の美容師さんがちょうど同年代で、

子育て中という事でお節介かも?と思いながら(^^;)

新生児の子育てについて話をしていました。(イクメンおやじ本能が反応しちゃいました(笑))

話した内容は、先日、日記で書いたパパの役割の内容を話していました。

参考までにこちらです↓↓↓(^^)

https://ikoya-blog.com/blog/kosodate/yakuwari/

 

子育ての話は、楽しさや大変さを共感し合い

ママに怒られたあるある( ノД`)シクシク…

などを話して談笑していたのですが(笑)

 

そこから仕事の話へと進んでいきました。

 

同世代の美容師さんの仕事の悩みを聞いて、

衝撃を受けました。。。

それは

いつまで、流行りの髪型が切れるのか…

という一言でした。。。

 

なんとなく私が思っていた美容師さんの未来は

  • 勤めた美容院で勤めあげる
  • 修行しながら勤めている美容院からのれん分けして開業する
  • 独立して自分のお店を持つ
  • 美容学校の先生になる  などなど

というのが、美容師さんの未来だと勝手に思っていました。

 

しかしながら、髪型のトレンドは日々、変化しているそうで、

若い頃ならば、自分の近くに若い人がたくさんいて、トレンドもすぐにわかっていたそうですが、

アラフォーになると、なかなか現在のトレンドがわかりにくくなるそうです。

そうすると、若いお客さんは付きにくくなってきますし、

逆に同年代のお客さんは1000円カットなどの散髪店に行ってしまうようになるとのことでした。

話を聞きながら、

国家試験を持っていて、経験も十分あるのに

時代と年齢とも戦わなければならないなんて、本当に頭が下がる思いでした…

美容師さんはピークは20代後半から30代らしいです。。。

 

私が思ったことは、

美容師さんはまるでアスリートのようだなぁ

と思いました。

日々、日進月歩で成長しながら

時代を見定めるという職業であり

年齢とも戦う姿は、尊敬と脱帽してしまいました。

 

自分も負けないよう

もっともっと努力して

更なる成長をしなければと、活力を頂きました!

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

ではまた(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA