【レビュー】CX-8/25Tガソリンターボに1年半乗ってみて…正直に感想を書いてみます

 

こんにちは!イクメンおやじです(^^)/

今回は、Twitterのフォロワーさんより

『イクメンおやじさんのCX-8のガソリンターボは実際どうですか??

という質問を頂きましたので、正直な感想をお伝えしたいと思います!

 

こちらが私の愛車CX-8です!

 

 

今回の主役 CX-8のエンジンルーム

私の乗る25Tはガソリンターボになりまして、

スペックとしては

水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ

最高出力230PS/4250rpm

最大トルク420N・m/2000rpm

となっております。

まぁ、数字の話は置いといて…(笑)

 

CX-8のガソリンターボは実際どうなの??

ということですよね!

 

率直にお話すると…

 

控えめに言って最高!という事です!(^^)

 

 

出足の加速がスムーズ!

停止状態から普通にアクセルを踏み、1500回転くらいから

1.9tもあるCX-8を誰かにスゥーっと背中を押されてる感覚になります。

2.5Lのライトサイジングターボなので、ギュイーンというよりスムーズに加速します。

 

実際にたびたびある事なのですが、

 

信号待ちの先頭に停車

    ↓

信号が赤から青に変わる

    ↓

普通に発進する

    ↓

遥か後方に後続車がバックミラーに映る…

 

という事が、よくあります…(笑)

 

CX-8 の静粛性

CX-8の静粛性が高い事とエンジンも静かなので、

スピードが出ている感覚が無くなりやすいです(^^;)

気が付くとすぐに60キロ超えとなる為、

スピード違反には注意が必要です(笑)

感覚としては

余裕がまだまだあり、余白がありながら優雅な走りができる!

と言った感じです。

 

後日、ブログに書きたいなと考えておりますが、

ターボとGベクタリングコントロールの相性が

素晴らしいです。

こちらを感覚で言うと

カーブを曲がりながらまだまだ加速しながら攻められる!

と言った感じです。(わかりにくいな…(笑))

まあ、また後日ブログに書きますね!

いや、書きました↓↓(笑)

【愛車遍歴9】CX-8購入の決め手は、2.5LターボとGベクタリングコントロールのバランスの良さ!

 

ノーマルモードとスポーツモード

そして、恐ろしいのは

これでノーマルモードである事なのです。

スポーツモードに変更すると、

ギアを引っ張ったような

いつでもスタンバイOKな状態になり、

更に高回転域を使うようになるので

加速は更に敏感に反応してくれます。

そして、

高速道路でも大満足な伸びも楽しめます!

 

 

デメリット

そんなわけで、加速力や車の挙動が

『人馬一体』の一因であるエンジンSKYACTIV-Gは最高!

 

ですが!

 

デメリットはもちろんあります…(笑)

それは、お気付きと思いますが…

 

CX-8ガソリンターボの気になる燃費事情

燃費…

 

燃費…

 

燃費ですね!(笑)

 

私は全く気にしないタイプなのでいいのですが

この時代、

ハイブリッドや電気自動車などエコブームなので

時代錯誤では…と言われることはしばしばありますね…(涙)

 

この点も正直にお話しますが、

短距離通勤を繰り返す私の実燃費は

街乗りリッター約7km

高速はリッター11~13kmと言ったところでしょうか。

ちなみにハイオク車ではなく

レギュラーなのでそこは少しお財布に優しいですね!

 

加速か燃費か…

これはどこに重きを置くかで

キッパリと分かれる所かと思います。

決して、燃費は良い!とは言えませんが、

私はそれでも25Tに魅力を感じております(^^)

 

今回は、フォロワーさんからの質問にお答えしました!

完全に私の主観でありますが、リアルな意見だと思いますので、

なにかの参考にしていただけると嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

ではまた(^^)/

 

過去の記事はコチラ↓

マツダコネクト(マツコネ)の再起動方法

マツダはなぜMATSUDAではなくMAZDAなの??意外な真実!マツダの由来

【レビュー】マツダMX-30の内装をじっくり観察してみました。 インテリア編

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA