マツダ100周年記念!なんと創業時はコルク屋さんだった!!

2020年はマツダ100周年

ということで

マツダ 株式会社という会社の創業時ついて調べてみました!!

この100周年というタイミングでCX-8に乗っている…

運命のようなものを勝手に感じているイクメンおやじです(^^)

今日もよろしくお願い致します!!

 

 

マツダ創業時はコルク屋さんだった

1920年(大正9年)1月

(まさに100年前!!)

広島市にて東洋コルク工業 株式会社として発足しました。

読んで字のごとく、

東洋のコルクを担うコルク屋さんだったんですね!かなりの衝撃でした(^^;)

ちなみに、我が家の子供たちはコルクを見ると

『キノコ~!!』

と大興奮をしております。完全に余談でした。。。

話を戻しまして…

コルクの生産技術を活かし工作機械の製作を始め、

1930年に単車を6台試作し、

同年、広島市のオートレースで優勝しました!(凄すぎる(^^;))

現在の車屋さんとしてのイメージの原点になったんですね!

ここから、三輪トラックを試作・生産・数々の名車を輩出して、

 

1984年5月 社名をマツダ 株式会社ヘ変更

こう考えてみると、マツダという社名は意外とまだまだ若いんですね!

(私よりまだまだ若い…(^^;))

ルーツはコルクの製造をする企業からスタートし

その技術を活かし、工作機械を開発し単車から車へと発展していったのですね!

このどの分野が一つでも欠けていたら、現在の魂動デザインのマツダ車には出会えなかったのでは…

と思うと、

現在、乗っているCX-8と出逢えたのも運命なのでは!?とさらに愛情が深まりました…

100年という尊い歴史だけで美味しいお酒が呑めそうです(^^)

今回はマツダの創業時について調べてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

ではまた(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA